沿海漁協



北茨城地区

 茨城県最北端に位置し、五浦海岸など周辺の景色と新鮮な魚貝類が人々の目と舌を楽しませています。民宿が多く、茨城の冬の旬の魚「あんこう」料理はこの地区の名物となっています。平成9年「天心記念五浦美術館」が開館し、多くの観光客が訪れています。漁業はこの地域の基幹産業となっており、多くの住民が漁業関連の仕事に従事しています。

平潟漁業協同組合
 沖合底びき網漁業(イカ・ヒラメ・カレイ・アンコウ等)を主体に、小型底びき網漁業(ヒラメ・カレイ等)、船びき網漁業(シラス・コウナゴ・オキアミ等)が営まれています。

大津漁業協同組合
 大中型まき網漁業の他、小型底びき網漁業(ヒラメ・カレイ等)、船びき網漁業(シラス・コウナゴ・オキアミ等)が営まれています。